オーディオブックを無料で聴く方法

オーディオブックのおすすめアプリ
1位:Audible

使いやすいアプリで月に数冊じっくり読書を習慣化。小説や洋書が特に豊富


2位:audiobook.jp

コスパ重視でたくさん聴ける!ビジネス書でスキマ時間のインプット

「オーディオブックを無料で聴きたい。できれば無料で使い続けられたらベストだけど、有料サービスの無料体験がいいタイミングであるならちょっと試してみるのもあり。」

オーディオブックのおすすめアプリも気になるけど、いきなりお金を使うのはちょっと不安・・・という方向けに、オーディオブックを無料で聴く方法をまとめました。

オーディオブックを無料で楽しめる方法

オーディオブックを無料で楽しめる方法は、大きく分けて3つあります。

  • オーディオブックの無料アプリ・サイト
  • 無料の音声コンテンツ配信サービス
  • オーディオブック有料ストアの無料体験

番外編として、Kindleに電子書籍の内容を読み上げさせる方法もありますが、試した結果、個人的にはあまりおすすめはできません。

方法①:オーディオブックの無料アプリ・サイト【永年無料】

無料で全てのコンテンツを聴けるオーディオブックのアプリやサイトを活用しましょう。

完全無料で使える大きな理由は、著作権フリー(パブリックドメイン)作品をメインに扱っているから。

具体例をいくつか紹介します。

無料で聴く」カテゴリー内の個別記事にて、詳しく解説します。

方法②:音声コンテンツ配信サービスを無料で聴く

音声メディアの盛り上がりに伴い、有名人や一般人が音声コンテンツを配信できるサービスが続々と登場しています。

黎明期ということもあり、多くのサービスは、基本的な機能のほとんどを無料で使えるんです。

具体例をいくつか紹介します。英語学習やビジネスなど目的を絞ったコンテンツも多く、まるでオーディオブックを聴くように使うこともできます。

  • YouTube
  • Voicy(ボイシー)
  • stand.fm
  • Podcast(ポッドキャスト)

YouTubeは音声というより動画プラットフォームではありますが、画面を見ずに「ながら聴き」するユーザを意識したコンテンツがたくさん投稿されています。

Voicyやstand.fmは、いわゆる「ラジオ」のような形で個人が気軽に音声で発信できるサービスです。

方法③:オーディオブック有料ストアを無料で使う【キャンペーンを活用】

オーディオブックを有料で販売するサービスでは、有料なだけあってやはり質の高いコンテンツが続々と投入されています。

オーディオブックで無料で英語を学習するのにもうってつけ。

自分に合った読書体験ができるか、まずは無料で気軽に試してみましょう。

無料で聴く」カテゴリー内の個別記事にて、キャンペーン情報などを詳しくまとめます。

Audible (オーディブル) のキャンペーン・無料体験

自分で選んだ好きな本1冊と、Audibleが月替わりで用意する「ボーナスタイトル」1冊、合わせて2冊を無料で聴くことができます。

「30日間の無料体験」、つまり30日後に初めて支払いが発生するというのが基本です。

キャンペーンを活用すると、この無料期間を2か月に伸ばして「もう1冊無料で読む」ことができたり、無料体験後の月額を一定期間減らすことができたりする場合があります。

audiobook.jpのキャンペーン・無料体験

「聴き放題」プランは、30日間の無料体験が基本です。

「月額会員」プランは、支払う金額にボーナスポイントを上乗せしてくれるので、単品で買うよりお得に本を買うことができます。

プラン問わず、利用金額に応じて、audiobook.jp内で使えるポイントをもらえるキャンペーンなどが開催される場合があります。

番外編:Kindleの読み上げ機能でオーディオブックを無料で聴く

電子書籍サービスKindleに本を読み上げてもらい、オーディオブックのように活用する方法もあります。

プロのナレーターの朗読にはかないませんし、「読み上げが止まる」など不便な点も多いですが、追加費用なしで「ながら聴き」をちょっと体験するだけならありかもしれません。

無料で聴く」カテゴリー内の個別記事にて、詳しく紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました