オーディオブックが無料で聞けるアプリは意外と多い!おすすめアプリ10選

オーディオブックのおすすめアプリ
1位:Audible

使いやすいアプリで月に数冊じっくり読書を習慣化。小説や洋書が特に豊富


2位:audiobook.jp

コスパ重視でたくさん聴ける!ビジネス書でスキマ時間のインプット

家事や通勤の間も気軽に読書を楽しめるオーディオブック。

便利ではありますが、いきなり有料のサービスを使うのはハードルが高いですよね。

できればまずは無料で使ってから、これからも使うかどうかを決めたいものです。

そんな人のために、この記事では無料でオーディオブックを体験する方法を紹介します。

完全無料でオーディオブックを聞けるアプリも紹介しているので、お得にオーディオブックを利用したい人はぜひ参考にしてください。

その他、オーディオブックを無料で聴く方法も当サイトでは包括的に紹介しています。

オーディオブックを無料で聞く3つの方法を紹介

オーディオブックを無料で聞く方法は3つ。

  • 有料オーディオブックの無料体験を使う
  • 完全無料のオーディオブックアプリを使う
  • 手持ちの電子書籍で読み上げ機能を使う

3つの方法にはそれぞれメリット・デメリットがあります。

詳しく解説するので、まずは自分にとってベストな方法がどれなのかを考えてみてください。

有料オーディオブックの無料体験を使う

【メリット】

  • 蔵書数が多く、読みたい本を探しやすい
  • 最新の話題書をオーディオブックで聞けることがある
  • プロが朗読しているので聞き取りやすい

【デメリット】

  • 無料体験期間が終わると有料になる

【おすすめな人の特徴】

  • 自分の好きな本を聞きたい
  • 朗読の音質や聴きやすさにこだわりたい
  • 気に入ったサービスは有料で使ってもいい

有料のオーディオブックサービスには、期間限定の無料体験があるのが一般的です。

一部のコンテンツだけ無料で使えて、その他は有料にしているところもあります。

  • Audible
  • audiobook.jp
  • himalaya
  • など

とにかく蔵書数が多く、読みたい本をすぐに見つけられるのが最大のメリット。

せっかく読書をするなら、自分の好きな本を聞きたいですよね。

プロのナレーターや声優が朗読を担当するケースが多く、朗読の質が高いのも特徴です。

完全無料のオーディオブックアプリを使う

【メリット】

  • 完全に無料なので料金の心配がいらない

【デメリット】

  • 聞けるのは著作権が切れた古い作品だけ
  • 朗読が聞き取りにくいことがある

【おすすめな人の特徴】

  • とにかく料金の心配をせずに聞きたい
  • 古典の朗読を聞きたい、または本の内容はあまり気にしない
  • 朗読の質にこだわりがない

著作権が切れた作品を無料で配信してくれるサービスもあります。

ラインナップは明治・大正時代に発表された古典文学や童話、昔話など。

古典を勉強している学生さんや、本の内容にこだわらない人ならこの方法がおすすめです。

欠点は、どうしても蔵書数が少ないこと。

特に新しく出版された本を読みたい人には向いていません。

また、無料オーディオブックの朗読はボランティアが担当している場合がほとんど。

音質や演技などにこだわって選びたい人には、物足りなく感じることもあるでしょう。

【番外編】読み上げ機能を使えば電子書籍がオーディオブックに

【メリット】

  • 電子書籍があれば追加料金なしで聞ける
  • まだオーディオブック化されていない本も聞ける

【デメリット】

  • 読み上げの設定が必要(アプリより手間がかかる)
  • バックグラウンド再生ができない
  • 機械音声の読み上げがぎこちない

【おすすめな人の特徴】

  • 電子書籍を利用している
  • 朗読の質にこだわりがない

スマートフォン・タブレットには文章を機械音声で読み上げする機能がついています。

読み上げ機能を活用してKindleをオーディオブック化すれば、手持ちの電子書籍がオーディオブックに早変わり。

まだオーディオ化していない本も音声で楽しむことができます。

最大のデメリットはバックグラウンド再生ができないこと。

他のアプリを開いたり、画面が自動ロックされたりすると読み上げが停止してしまいます。

自動ロック設定を解除しておくなど、事前の準備をしてから利用する手間も必要です。

無料でオーディオブックが体験できるアプリ10選

ここからは、無料で利用できるオーディオブックサービスを10種類紹介します。

  • 期間限定で無料体験できるアプリ
  • 一部の本だけ無料のアプリ
  • すべての本が無料のアプリ

の3種類について、各サービスの蔵書数・無料体験の内容・特徴をまとめました。

自分にぴったりのオーディオブックを探したい人は、ぜひ活用してください。

期間限定でオーディオブックを無料体験できるアプリ3つ

audiobook.jp

サービス対応状況
本の数2万冊以上(そのうち約8000冊が聴き放題)
無料体験○(30日間)
※聴き放題プランのみ
有料プランの料金(税込)聴き放題プラン 750円/月
月額プラン550円〜3万3,000円/月
特徴書籍数が多い
自分に合ったプランが選べる
バージョンiOS
Android

audiobook.jpの蔵書数は国内では最大規模。

幅広いジャンルのオーディオブックが楽しめます。

2種類のプランから自分に合ったプランを選べるのがポイントです。

Audible

サービス対応状況
本の数40万冊以上(日本語の本は約1万冊)
無料体験○(30日間)
有料プランの料金(税込)1,500円/月
(毎月1冊ずつ)
特徴日本語以外の本も豊富
無料オーディオブックが月に1冊もらえる
Audibleのサイトで口コミを確認できる
バージョンiOS
Android

Audibleでは日本語以外の本も豊富にそろっています。

洋書の多読・多聴をしたい人におすすめです。

himalaya

サービス対応状況
本の数2万7,000冊以上(うち聴き放題対象1万冊以上)
無料体験
有料プランの料金(税込)750円/月
7,500円/年
特徴podcastの配信も豊富
年額プランあり
バージョンiOS
Android

himalayaはもともとラジオなどの音声を配信・視聴できるサービスでした。

オーディオブックだけでなくpodcastの配信数も多いのが特徴です。

一部のオーディオブックが無料のアプリ4つ

Kikubon

サービス対応状況
本の数505冊
無料で聞ける本164冊
本の買い方買い切り/レンタル
特徴小説が中心
毎月課金プランあり(550円〜5,500円/月)
バージョンiOS
Android
※利用前に公式サイトで会員登録する必要あり

kikubonは小説を中心に配信しているサービス。

本1冊ずつに料金を払うシステムで、聴き放題はありません。

また、毎月料金を払ってポイントを多めにもらえる「プレミアム会員」サービスがあります。

聴いて読める本棚 AudioBook +e

サービス対応状況
本の数692冊
無料で聞ける本隔月2冊ずつ
本の買い方買い切り
特徴朗読と一緒に本文を表示できる
怪談や昔話が豊富
バージョンiOS
※Android版未対応

聴いて読める本棚 AudioBook +eは、アプリに本の文章も表示できる珍しいアプリ。

一部の本では英語と日本語の表示切り替えにも対応しています。

読み聞かせや語学学習で使いたい人におすすめですが、無料作品がかなり少ないのがネック。

Google Play books

サービス対応状況
本の数非公開
無料で聞ける本300冊以上(うち日本語の本97冊)
本の買い方買い切り
特徴外国語のオーディオブックあり
Googleアカウントで端末間の同期ができる
バージョンiOS
Android

Google play BooksはGoogle playストアにある電子書籍ショップ。

無料で日本語以外のオーディオブックも手に入るのが特徴です。

Google playギフトカードでオーディオブックを買うこともでき、クレジットカードがない人にも安心です。

デメリットはポイントなどのお得なサービスがない点。

Audiobooks HQ(のオーディオブック HQ)

サービス対応状況
本の数50万冊以上
無料で聞ける本約1万3,000冊(うち日本語の本37冊)
本の買い方買い切り
特徴外国語の無料オーディオブックあり
音質はやや低め
バージョンiOS
※Android版未対応

海外制作アプリのため日本語名が少し不自然ですが、使用する分には問題ありません。

外国語のオーディオブックに対応したサービスで、言語別検索もできます。

有料オーディオブックも買えますが、audiobook.jpやAudibleの方が安いことも多いので要注意

オーディオブックが全部無料のアプリ3つ

LibriVox

サービス対応状況
本の数5万冊以上
特徴英語のオーディオブックが多い(日本語の本は37冊)
ダウンロード機能あり
バージョンiOS
Android

主に著作権の切れた作品を朗読してくれるサービス。

英語の朗読が多いので、英語の多読・多聴におすすめです。

ただし、音質はあまりよくありません。

青空朗読

サービス対応状況
本の数700冊以上
特徴国内の古典文学を広く収録
無料にしては音質が良い
バージョンiOS
※Android未対応

プロのアナウンサーが朗読を担当している作品もあり、音質も良いのが特徴。

国内の文学作品を広くカバーしています。

学生さんの予習・復習や教育現場での活用におすすめです。

Spotify

サービス対応状況
コンテンツ数podcast 90チャンネル以上
料金基本無料
※プレミアム会員は980円/月〜
特徴音楽やpodcastがメイン
バージョンiOS
Android

音楽やpodcastが聞けるSpotifyですが、「朗読」「オーディオブック」で検索すると本の読み上げも聞けます。

音質も朗読のクオリティも高いものが多いですが、検索しにくいのが難点。

まとめ:無料で聞けるオーディオブックアプリは意外と多い!

この記事では無料で聞けるオーディオブックサービスを10点、紹介しました。

意外にも無料で聞けるオーディオブックは種類が多いのです。

無料の間に色々と試してみて、自分にぴったりのサービスを見つけてくださいね。

新刊や話題書を聴きたい人は、ぜひ有料サービスの無料体験に登録してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました